グルメ

帰れま10★スシローのメニューランキングと私流の楽しみ方

私の大好きな食べ物の1つお寿司

今回は、私がよく行くスシローについてご紹介します。

2019年10月7日にテレビ朝日の『帰れま10』でも特集されていたのが記憶に新しいですよね。

ランキングのまとめ私なりのスシローの楽しみ方をまとめてみました。

スシローによく行く方も、あまり行ったことがない方もぜひチェックしてみてくださいね。

 

『帰れま10』のスシロー人気メニューランキングまとめ

まずは、帰れま10で特集されていたランキングからご紹介していきたいと思います。

まずは、10位から6位までを発表します。

第10位 特ネタ中トロ

中トロは、もっと上位かと思いきや意外と控えめに第10位でした

第9位 季節の茶碗蒸し

お寿司を差し置いてのランクイン! 定番の貫禄ですね

第8位 生さんま

やっぱり秋は生のさんまを食べないと始まりません

第7位 えびアボカド

お寿司以外でも人気の組み合わせなので納得!

第6位 大切り真いか

お寿司界の名脇役と言えばいかですよね!

うさみ
うさみ
それでは、第5位から栄えある第1位までを一気にご紹介していきます!
第5位 いくら

大人気のいくらは第5位にランクイン

第4位 大切りサーモン

お寿司を食べに行ったら必ず食べたいのがサーモンですよね

第3位 特大ジャンボ赤えび

えびアボカドに続いて、えびがまたもやランクイン!

第2位 はまち

はまちは私のTOP3にも入っています♡本当におすすめです

第1位 大切りまぐろ

栄えある第1位は、やっぱりまぐろ! 不動のナンバーワンですね

みなさんのナンバーワンはランキングに入っていましたか?

私のナンバーワンは残念ながらランク外でした。

さんまやはまちなど季節が関係するネタもあったので、春や夏のランキングはまた違った結果になりそうですね。

くまろう
くまろう
それはそれで気になるなぁー。

ぜひ春、夏バージョンのランキングも放送して欲しいですね。

https://megulog.net/entry/hamasushi-notrotating-reason

 

個人的スシローのおすすめメニュー

さてここからは、帰れま10のランキングは度外視して私の独断と偏見おすすめのネタやメニューをご紹介していきたいと思います。

私の好みなのであらかじめご了承ください。

通常の価格とカロリーも添えてご紹介します!

活あわび

値段 300円
カロリー 66kcal

期間限定かつ数量限定のメニューのため、お店に行っても必ず食べられるわけではありません。

こりこり系の貝類が好きな方には、本当におすすめの一品です。

実は私のナンバーワンはあわびなのです。

時期によってはキャンペーンで半額で食べられることもあります

300円で4貫もあわびが食べられるなんて夢のよう…。

でも半額のときは、すぐに品切れになってしまうんですよね。

うさみ
うさみ
見つけたら迷わず即注文が鉄則!

まぐたく

値段 100円
カロリー 108kcal

見ての通りまぐろとたくあんの軍艦なのですが、根強いファンが多いのがまぐたくです。

意外な組み合わせですが、まぐろの柔らかさとたくあんの食感がマッチしていて本当に美味しいですよ。

うさみ
うさみ
限定メニューのまぐろのおはぎも美味しかったなぁ。

期間限定とかで復活してくれたら嬉しいです。

すし屋のブロッコリーサラダ(かにみそマヨ)

値段 100円
カロリー 42kcal

かにみそとマヨネーズが絶妙な一品。

とにかくブロッコリーの食感と、とびっこのプチプチ感が絶妙です。

これは、サイドメニューの中でも群を抜いています。

100円とコスパも良いので、騙されたと思って一度ご賞味ください。

タピオカミルクティー

値段 300円
カロリー 66kcal

光るタピオカミルクティーです。

台湾で人気の『Sharetea』と言うタピオカ店とのコラボらしく、発売当初は売り切ればかりでなかなかお目にかかることができない一品でした。

最初デフォルトで光ると思っていた私ですが、途中でスマホのライトを当てて光らせると言うことを知りました(笑)

つまりスマホのライトでるタピオカミルクティーです。

タピオカは思ったより、もっちもちで美味しかったです。

限定メニューなのでなくなる前に飲んでおきましょう。

フライドポテト

スシローと言えばポテト、ポテトと言えばスシローと言っても過言ではありません。

100円というお手頃価格で、カリカリの食感。

私は、毎回なんだかんだで2皿くらい頼んでしまいます。

値段 100円
カロリー 191kcal

こちらの画像は限定メニューの『ふりふりポテト』(180円)です。

『ふりふりポテト』は、フライドポテトの倍の量でお得感があったので2皿ポテトを頼む私にはとても嬉しい一品でした。

限定メニューなので、現在は店頭でお目にかかることはできません。

うさみ
うさみ
スシローさん、ふりふりポテトを復活してくださーい。

本格うなぎの蒲焼き

たまに食べたくなるうなぎの蒲焼きもご紹介します。

値段 150円
カロリー 73kcal

うなぎの蒲焼きには、フジテレビ系列『レディース有吉』でも紹介されていたアレンジメニューがあります。

うさみ
うさみ
名古屋名物ひつまぶしです!

ひつまぶしの作り方

用意するもの
  • 本格うなぎの蒲焼き 150円
  • 天つゆ 無料
  • お子様お椀セット 無料
  • お湯 無料

本格うなぎの蒲焼以外は、すべて無料です。

天つゆお子様お椀セットは、両方パネルから簡単に注文できます。

天ゆつ

揚げ物のページにあります

お子様お椀セット

ラーメンのページにあります

作り方
  1. 本格うなぎの蒲焼き、天つゆ、お子様お椀セットをパネルから注文
  2. お寿司をお茶碗に入れる
  3. 天つゆを席に備え付けのお湯で薄める
  4. お茶碗に天つゆをかけて完成!

実際にやってみたのですが、ひつまぶしを楽しむことができました!

お湯が冷めやすいので手早く作って手早く食べましょう。

うさみ
うさみ
スピード勝負だよー。

はまち

ランキングにも載っていたはまちですが、こちらははまちのハラミです。

パネルから注文するのではなく、店員さんに直接注文するはまちを頼んでハラミを引き当てるしかありません。

希少な部位なので、注文しても必ず食べられる訳ではないようです。

私の場合はたまたま注文したものがハラミだったことはありますが、注文してハラミに出会えたことはありません。

うさみ
うさみ
運が良ければ食べられるかも…!?

https://megulog.net/entry/hamasushi-notrotating-reason

 

私流スシローの楽しみ方

最後に参考になるかはわかりませんが、私なりのスシローの楽しみ方をご紹介します。

まずは、アプリで混雑状況を確認して混んでいる場合は来店予約をします。

くまろう
くまろう
近くのお店を受付・予約→お店を選ぶと混雑状況がチェックできるよ。

店舗にもよると思いますが、キャンペーン期間中や土日の夕食時はあり得ないくらい混んでいることもあるのでチェックは欠かせません。

くまろう
くまろう
できれば1分たりとも無駄にしたくないんだよー。

予約した時間に合わせて来店し、チェックインします。

場合によってチェックインしてから少し待つこともありますが、ここは気長に待ちましょう。

席についたら手際よくお茶しょうゆを準備していきます。

(もうこの作業は、慣れっこなので旦那さんとの阿吽の呼吸です。)

わさびは、比較的すぐに流れてくるので流れてきたら確保しておきます。

塩が流れてきたらすかさずゲットしておきます

後に食べるポテトのために最初に確保しておきます

まずは期間限定のお寿司を注文します。

今回はこんなすごいお寿司があったので注文してみました。

その名もどでかいか天にぎりです。

お皿が流れてきたときのいか天の存在感がすごかったです。

MEGU
MEGU
シャリいらなくないか?
くまろう
くまろう
シャリの3倍はあるであろういか天。

まずは塩で食べ、少し飽きたので粉茶と塩を混ぜて抹茶塩にしてパクリ。

食べ終わった後に「天つゆ頼むの忘れた」と思いましたが、さすがにもう1皿食べる勇気はなくいか天は1皿で終了。

これで100円はお得なのではないでしょうか。

そして定番のお寿司を食べます。

はまちは欠かせません。

季節によってはぶりに変わっているので、そのときはぶりを食べます。

他にもまぐろサーモンえんがわたこつぶあたりは毎回食べています。

(調子が良いときは、このあたりでラーメンやうどんなど汁ものを食べます。)

ひとしきりお寿司を食べつくしたら、ポテトタイムに入ります。

飲み物もお茶からカフェラテタピオカミルクティーなどにバトンタッチします。

ポテトが来たら、最初に確保した塩の出番です。

ポテトは揚げたてが来ると本当に嬉しいのですが、日によってばらつきがあります。

うさみ
うさみ
それもご愛敬です。

そして最後にスイーツを1品ずつ頼むのがお決まりのパターンです。

紅茶のシフォンケーキ
黒蜜ミルク杏仁豆腐

2人で行くとちょっとずつ色々食べられるのが最大のメリットだと思います。

お腹いっぱいになってもスイーツを2種類食べられるなんて幸せ♡

そしてお会計をする前に粉茶(100円)を買って帰ります。

この粉茶は水でも溶けるので、私は普段から冷やしたスシローのお茶をよく飲んでいます。

ちなみにバニラアイスに入れて抹茶アイスにしたり、塩に混ぜて抹茶塩にするなんて楽しみ方もあります。

うさみ
うさみ
ごちそうさまでした♪

これが私の定番のスシローの楽しみ方です。

https://megulog.net/entry/hamasushi-notrotating-reason

 

まとめ

今回は大好きなスシローについてご紹介しました。

定番のお寿司から期間限定メニューやサイドメニューまで充実しているので、頻繁に行っても飽きることがありません。

私のスシロー愛をみなさんに伝えたくて記事を書きました。

最近は、回らないお寿司屋さんが増えてきていますがスシローにはこれからも回るお寿司屋さんの代表としてがんばってもらいたいです。

MEGU
MEGU
最後までご覧いただきありがとうございました。