ノーメイクでもクレンジングが必要な理由とおすすめのクレンジング

悩む大人女子

ノーメイクでもクレンジングって必要?

このような疑問にお答えします。

結論から言うと、1日中ノーメイクで過ごした日でもクレンジングは必要です。

今回の記事では、なぜクレンジングが必要なのかを詳しく解説していきます。

この記事の内容
  • ノーメイクでもクレンジングが必要な理由
  • クレンジングはいつすればいいのか
  • クレンジングをするときの注意点
  • おすすめのクレンジング

記事を読むことで、ノーメイクでもクレンジングが必要な理由クレンジングの種類まで詳しく知ることができます。

クレンジングでお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

目次

ノーメイクでもクレンジングは必要?

ノーメイクでもクレンジングは必要?

ノーメイクでもクレンジングは必要です。

なぜなら洗顔で落とせる汚れと、クレンジングで落とせる汚れの成分が違うからです。

落とせる汚れの成分

クレンジング角栓・メイク・油性の汚れ
洗顔汗・ホコリ・角質・皮脂

ナチュラルメイクの場合も同じで、洗顔だけではすべての汚れを落とすことができません

ファンデーションやアイシャドウの成分には、油分も含まれているからです。

クレンジングをしないと、肌が酸化してしまい悪影響になります。

MEGU

洗顔とクレンジングには、それぞれ別の役割があります。

クレンジングの役割

それでは、クレンジングの役割についてもう少し詳しくお話していきますね。

主な役割はこちら。

つまりクレンジングは、洗顔をする前に落ちにくい油汚れを落とす役割ということですね。

MEGU

メイクをしていなくても、料理をしたりすると油性の汚れが付着します。

洗顔の役割

続いて、洗顔の役割についてお話していきます。

洗顔の主な役割はこんな感じ。

洗顔は、クレンジング剤を落としたりほこりや角質を落とす役割です。

ノーメイクの日でも、角栓や油性の汚れを落とすためにクレンジングをしましょう

クレンジングと洗顔の両方をすると、お肌がフラットな状態になるのでその後するスキンケアがなじみやすくなります

クレンジングはいつするのがいいの?

クレンジングはいつするのがいいの?

クレンジングは、メイクをして外出した日なら帰宅後すぐにした方がいいです。

理由は、メイクは6時間くらい経つと酸化し始めると言われているから。

メイクをしてから6時間~7時間経過すると酸化しはじめる

酸化したまま放置すると、色素沈着・シミ・くすみ・ニキビの原因になってしまいます。

朝クレンジング

悩む大人女子

朝もクレンジングした方が良いって聞いたことがあるけど本当?

朝クレンジングは、前日の汚れをリセットできるので、美肌につながると話題になっています。

MEGU

朝クレンジングをすると、夜のスキンケアと皮脂が混ざった油汚れを落とすことができますよ。

「朝起きるとテカテカになってる」という方は、朝クレンジングを取り入れてみてください。

朝クレンジングをする場合は、肌への刺激が少ないクレンジングを使いましょう

肌への刺激が少ないクレンジングとは?

悩む大人女子

朝クレンジングをしてみたいけど、刺激の少ないクレンジングって?

一番刺激が少ないのは、ミルクタイプです。

クレンジングは、種類によって肌への刺激が変わります。

シートタイプ・オイルは肌への刺激が強く、逆にミルク・クリームは、低刺激といわれています。

クレンジング別の肌への刺激

クレンジング別の肌への刺激
クレンジングの種類と肌への刺激
MEGU

並べてみると、こんな感じですね。

肌への刺激が強いものは、洗浄力も高め

肌への刺激を考慮するのなら、肌の汚れ具合・状態に合わせてクレンジングを選ぶのが重要です。

例えば「しっかりメイクをした夜のクレンジングはオイル」「朝クレンジングはミルク」など使い分けをするのがおすすめです。

朝クレンジングには、ミルクタイプがおすすめ

クレンジングの注意点

クレンジングの注意点

ここからは、クレンジングをするときの注意点を説明していきます。

クレンジングは、間違えた方法でやると肌に余計な負担をかけることに

注意点はこんな感じです。

詳しく解説していきますね。

短時間で済ませる

クレンジング剤は、洗い流すことを前提に作られています

長時間残してしまうと乾燥の原因に。

パックをしたり、長時間肌につけたままにするのはやめましょう。

クレンジング剤はケチらず使う

クレンジング剤は、パッケージに書かれている使用量を使うようにしましょう。

ケチってしまうと、すべりが悪くなり肌に摩擦をあたえてしまうことに。

MEGU

クレンジング剤は、肌にのせたときにすべりがいい方が肌に負担がかかりません。

力を入れずにやさしくなじませる

メイクが落ちないからといって、力いっぱいゴシゴシしていませんか?

余計な摩擦は、色素沈着の原因になってしまいます。

力が入りにくい薬指や手のひらを使って優しく洗いましょう。

タオルで拭くときは押さえるように

タオルで顔を拭くときに、ゴシゴシ擦ってしまうと色素沈着や肌荒れの原因になってしまいます。

柔らかいタオルで押さえるようにやさしく水分を拭き取りましょう

またタオルが汚れていると肌荒れの原因になってしまうので、できるだけ清潔なものを使いましょう。

MEGU

タオルが汚れいていると肌荒れの原因になるので、清潔なものを使ってくださいね。

クレンジングの種類と特徴

クレンジングの種類と特徴

ここからは、クレンジングの種類別にそれぞれの特徴についてお話していきます。

クレンジングの種類
  1. オイル
  2. リキッド
  3. ジェル
  4. クリーム
  5. バーム
  6. ミルク
MEGU

クレンジングの種類別に、評価の高いクレンジングもご紹介しちゃいます。

それでは、見ていきましょう。

クレンジングオイル

クレンジングオイルの特徴
  • メイクが良く落ちてスッキリした洗いあがり
  • 界面活性剤が多く含まれるので肌への刺激は強め

クレンジングオイルは、しっかりメイクをしている方や脂性肌におすすめです。

メイクが浮き出したら、すぐに洗い流さずに水を含ませて乳化させましょう。

この工程を省いてしまうと、肌荒れ毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

おすすめのクレンジングオイル

スキンクリア クレンズ オイル
アテニア スキンクリア クレンズオイル
  • メイクをスピーディーに落とせる
  • 古い角質汚れ『肌ステイン』を分解
  • オイルクレンジングなのに乾燥しない
  • 毛穴の汚れや黒ずみもスッキリ
  • まつげエクステOK! W洗顔不要

エコパックがあるのはお得感があって嬉しいですよね。

MEGU

アテニアのクレンジングは、@cosmeやVOCEのランキング常連です。

クレンジングリキッド

クレンジングリキッドの特徴
  • 別名『水クレンジング』とも呼ばれ、使用感はサッパリしている
  • メイク落ちはよく、肌への刺激はやや強め

クレンジングリキッドは、オイルフリーのものが多いのが特徴。

まつ毛エクステをしている方やニキビに悩んでいる方におすすめです。

クレンジングリキッドには、コットンで拭き取るタイプと手でなじませるタイプがあります。

コットンなどで拭き取るタイプは、摩擦による肌への刺激に注意が必要です。

おすすめのクレンジングリキッド

ORBIS クレンジングリキッド
  • メイクがするんときれいに落ちる
  • 保湿成分が30%以上配合なので肌がうるおう
  • 手でなじませて使うタイプなので摩擦が少ない
  • 濡れた手でも使える! まつげエクステOK
  • 詰め替え用もある
MEGU

ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているので、洗った後もうるおった肌になります。

クレンジングジェル

クレンジングジェルの特徴
  • 油性・オイルインの水性・水性がある
  • 肌への刺激は普通くらいなのでしっかりメイクは落ちにくい

クレンジングジェルは、ナチュラルメイクの方や混合肌の方におすすめ

マスカラなどは落ちにくいので、ポイントリムーバーを使いましょう

種類がたくさんありますが、毛穴汚れに特化したホットクレンジングがおすすめです。

おすすめのクレンジングジェル

マナラ ホットクレンジングゲル
  • 温感ゲルがメイクや毛穴汚れを落とす
  • 美容液成分が91.3%も配合されている
  • パパイン酵素が古い角質をオフ
  • 石油系界面活性剤不使用で肌にやさしい
  • フレッシュなグレープフルーツ系の香り
MEGU

ポカポカ温かいジェルが、とっても気持ち良いのでクレンジングをしながらエステ感覚を味わえちゃいます。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームの特徴
  • しっかりメイクは落としにくい
  • 摩擦をおさえることができるので肌への刺激が少ない

クレンジングクリームは、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

こっくりとした重めのテクスチャーで、油分が豊富に含まれているので乾燥しやすい時期にはぴったりです。

おすすめのクレンジングクリーム

コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズ
  • 天然ミネラル泥配合のクレンジング
  • 肌になじませるとオイル状に変化する
  • 毛穴の汚れ・酸化した皮脂も落とす
  • さわやかなライトグリーン系の香り
  • 透明感のある肌になる
MEGU

まるでスパで泥パックをした後のような透明感のあるお肌になれちゃいます。

クレンジングバーム

クレンジングバームの特徴
  • 保湿効果があるのでしっとりとした洗いあがり
  • すべりがいいので摩擦での刺激は少ない

クレンジングバームは、クレンジングオイルと同じくしっかりメイクをしている方や脂性肌におすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方は、必要な油分まで落としてしまう可能性があるので使う頻度を調整しましょう。

MEGU

手に取って体温で温めてから肌になじませてメイクを浮かせます。

クレンジングバームも乳化が必要なので、洗い流す前に水分を加えましょう。

おすすめのクレンジングバーム

D.U.O. ザ クレンジングバーム
  • 肌にやさしいのに洗浄力が高い
  • 微粒子カプセルが毛穴汚れを落とす
  • 31種類の美容成分が配合されている
  • 乾燥小じわが目立たなくなる
  • まつげエクステOK! W洗顔不要

肌の悩みに合わせてタイプが選べるのもポイントが高いです。

MEGU

これひとつで、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの効果があります。

クレンジングミルクの特徴
  • サラサラとしたしたテクスチャーで伸びがいい
  • メイクの落ちはいまひとつ

クレンジングミルクは、乾燥肌の方やナチュラルメイクの方におすすめです。

MEGU

朝クレンジングとの相性◎!

油分が含まれているので肌なじみもよく、しっとりとした洗いあがりになります。

おすすめのクレンジングミルク

おすすめの
  • 9種のエッセンシャルオイル配合
  • 美容液成分を89%配合で保湿力がある
  • 保湿力が高くしっとりした洗いあがり
  • 柑橘系の香りでリラックスできる
  • 濡れた手でも使える! まつげエクステOK
MEGU

ヒアルロン酸の約2倍の保湿力『MCキトサン』が配合されているので、洗いあがりはもっちもちに。

日焼け止めにクレンジングは必要?

日焼け止めにクレンジングは必要?

日焼け止めの種類によっては、クレンジングが必要です。

理由は、洗顔料だけで落としきれない場合があるから。

日焼け止めによって、クレンジングが必要な場合と洗顔だけでいい場合があります

クレンジングが必要な日焼け止め
  • 2層式(振って使うタイプ)
  • スポーツ用
  • ウォータープルーフ

このような種類は、クレンジングが必要です。

ジェルタイプや乳液タイプの日焼け止めの場合、『クレンジング不要』と書かれているものがあります。

『クレンジング不要』と書かれているものは、洗顔料で落とすことができます

MEGU

パッケージに落とし方が書かれていることが多いので、捨てる前に確認しておくと良いかもしれません。

パッケージに『専用クレンジングが必要』と書かれている場合は、専用クレンジングを使いましょう。

日焼け止めが肌に残ってしまうと、肌が乾燥したり酸化してしまい色素沈着・シミ・くすみ・ニキビなどの原因になってしまいます。

まとめ

ノーメイクでもクレンジングが必要な理由おすすめのクレンジングをご紹介しました。

記事の内容を振り返っていきましょう。

記事のまとめ
  • ノーメイクでもクレンジングは必要
  • クレンジングは角栓・メイク・油性の汚れを落とす
  • 洗顔は汗・ホコリ・角質・皮脂を落とす
  • 朝クレンジングにはミルクタイプがおすすめ
  • クレンジングは優しく短時間で行う

こんな感じですね。

クレンジングは、肌の状態に合っていないものを使うと肌荒れや乾燥を引き起こす原因になってしまいます。

肌の状態に合わせて、クレンジングを選ぶとお肌にいい変化があるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

MEGU

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる