VOD

映画『火花』のあらすじ・感想・フル動画を無料で見る方法!

映画『火花』のあらすじ・感想・フル動画を無料で見る方法!
悩んでいる人
悩んでいる人
映画『火花』のあらすじが知りたい。

こんな悩みを解決します。

火花を無料で見る方法

火花は、U-NEXTの無料トライアルで無料視聴できます。

31日間の無料トライアル期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

▶U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴する

本ページの情報は2020年1月時点の情報です。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

火花のあらすじ

花火

火花の予告映像

まずは火花の簡単なあらすじをご紹介します。

徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑いコンビ「あほんだら」としてステージに立った神谷が見せた型破りな漫才に衝撃を受ける。そこで徳永が神谷に弟子入りを願い出ると……。

引用:Yahoo!映画

めぐ
めぐ
もう少し詳しくあらすじをお話します。

徳永は、若手のお笑いコンビ「スパークス」のボケ担当。

営業で行った熱海の花火大会イベントで、中堅お笑いコンビ「あほんだら」同じくボケ担当の神谷と出会います。

神谷の自由で才能溢れるパフォーマンスに感化された徳永は弟子入りを決意します。

そんな徳永に神谷はある条件を提示します。

神谷の伝記を書くことを条件に、神谷の弟子となった徳永。

2人は頻繁に連絡を取り合い、居酒屋や神谷の同居人・真樹の家で漫才や夢について語り合っていました。

下積み経験を経て「スパークス」は、お笑い番組や学園祭のゲストとして呼ばれる機会が増え少しづつ売れ始めます。

スパークスとは対照的に「あほんだら」は神谷の自由すぎるパフォーマンスが評価されずにいました。

神谷は真樹の家から出ていき、生活が苦しくなり借金が膨らんでいきます。

「スパークス」も徐々に落ち目になっていき、そんな中で再開した徳永と神谷だったが…

火花の登場人物

火花の登場人物を簡単にご紹介します。

火花の登場人物
  • 徳永 主人公 スパークスのボケ担当
  • 神谷 徳永の師匠 あほんだらのボケ担当
  • 真樹 神谷を居候させている女性
  • 山下 スパークスのツッコミ担当
  • 大林 あほんだらのツッコミ担当
  • 鹿谷 ピン芸人

火花の作品情報

映画『火花』のDVDは、2018年6月13日発売。

火花の作品情報をご紹介します。

公開2017年11月23日
監督板尾創路
原作又吉直樹
主題歌『浅草キッド』 菅田将暉・桐谷健太

火花の監督は、 板尾創路。

最近はお笑い芸人が、映画監督をすることも珍しくありませんよね。

原作はピースの又吉直樹。

芥川賞を受賞した原作は、話題になりましたね。

映画『火花』は、Yahoo!映画の評価2.97点です。

火花は、映画化される前にNetflixオリジナルドラマとして全10話で配信されていました。

10話分の内容と同等のものを、2時間に収めているため少し詰め込みすぎた感があり評価が低くなってしまったのかもしれません。

めぐ
めぐ
映画が先だったら評価は違っていたかもしれませんね。

火花のキャスト

火花のキャストをご紹介します。

火花のキャスト
  • 徳永 菅田将暉
  • 神谷 桐谷健太
  • 真樹 木村文乃
  • 山下 川谷修士
  • 大林 三浦誠己
  • 鹿谷 加藤諒

 

火花を無料で見る方法

空席の映画館

映画『火花』は現在U-NEXTの見放題で配信中です。

無料トライアル期間中に解約すれば、料金はかかりません。

U-NEXT無料体験のメリット
  • 見放題作品14万作品、レンタル作品3万作品と豊富なラインナップ
  • 見放題作品が31日間無料
  • レンタル作品に使える600円分のポイントがプレゼント

\14万本以上の作品が見放題/

U-NEXTの無料トライアルを体験する

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば料金はかかりません

 

火花を見た感想

花火を持っている様子

ここからは、映画『火花』を見た感想をご紹介します。

見る前は主人公がお笑い芸人として、成り上がるサクセスストーリーだと思っていましたが、実は売れずに葛藤している芸人の10年間を描いたストーリーでした。

自分のやりたいことだけを貫く神谷と、そんな神谷に弟子入りするも万人に受け入れられるお笑いを模索しはじめる徳永

そして、運を味方にどんどん成り上がっていく鹿谷

お笑い芸人と一括りにして考えていましたが、一人一人にそれぞれのドラマがあるのだと思いました。

芸人の裏側の描写が細かく描かれているリアルな作品だと思います。

先輩芸人が後輩芸人に奢る風習や漫才の順番を舞台袖で待つ様子であったり、公園で漫才のネタ合わせをしたり。

特に先輩芸人が後輩芸人に奢る風習については、神谷を見ていてなんとも言えない気持ちになりました。

もちろん売れていればいいのですが、神谷のように借金が膨らんでしまったりして…知らないだけでこんな芸人はいっぱいいるんだろうなと思って複雑な気持ちになりました。

売れる芸人は一握りで、現実はこうなんだと思います。

売れないことの焦りや、売れたいと必死になる様子は芸人という職業ではなくても共感できる部分があると思います。

映画『花火』のみどころは、なんといっても「スパークス」最後の漫才のシーンです。

徳永と山下が10年間がむしゃらに活動してきた集大成が、まるで大きな花火のように大爆発します。

一緒にがんばってきた山下やファンに向けた不器用なメッセージに思わず涙ぐみました。

そして神谷を支えていた真樹はどうなったのかなんて思っていたら、最後に笑顔で幸せそうな様子だったのでとても安心しました。

ネットではドラマ版の評価がかなり高いため、映画は酷評されている印象が強かったです。

10年間を2時間で表現するのは、なかなか難しいのかもしれません。

もし火花をこれから見るのであれば、映画版を見た後にドラマ版を見ることをおすすめします。

映画『火花』私の評価

3.2点

 

あとがき

大きな花火

今回は、映画『火花』のあらすじと感想、無料で見る方法についてご紹介しました。

U-NEXT無料トライアルは簡単にできる!注意点や解約方法では、U-NEXTの登録方法やサービス内容を詳しくご紹介しています。

良かったら合わせてご覧ください。

めぐ
めぐ
最後までご覧いただきありがとうございました。