ライフスタイル

マスクが臭い原因は口臭?簡単にできる5つの対策で1日中快適に!

マスクが臭い原因は口臭?簡単にできる5つの対策で1日中快適に!
悩んでいる人
悩んでいる人
マスクをするとにおいが気になります。 もしかして口臭? 予防するアイテムがあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

普段は気づきにくい口臭ですが、ここ最近マスクをして口臭に気づいたという方がとても多いようです。

でも大丈夫です。

なぜなら、口臭は日頃のケアで改善できるから。

今回の記事では、口臭の原因と予防方法をご紹介します。

記事を読むことで、あなたの口臭を改善するヒントが見つかるかもしれません。

マスクが臭くなってしまうという方は、記事を読み進めてみましょう。

 

マスクが臭い原因は口臭?

マスクが臭い原因は口臭?

マスクが臭くなると、口臭かもしれないと心配になりますよね。

その原因は、必ずしも口臭とは限りません。

口臭以外で、マスクが臭くなる原因は以下の3つ。

マスクが臭い原因
  1. マスク自体のにおい
  2. 菌が繁殖したにおい
  3. 唾液のにおい

詳しく解説していきます。

マスク自体のにおい

新品のマスクをした時に、独特なにおいがすることがあります。

マスクの素材にもよりますが、不織布マスク・ポリウレタン製などのマスクはマスク自体ににおいがついている場合も。

>>ピッタマスクの正しい洗い方とは?洗って使えるのは何回まで?

菌が繁殖したにおい

マスクの中は、菌が繁殖しやすい環境なのです。

菌は、以下の3大要素でより活発になっていきます。

菌が活発になる環境
  • 湿度 65%以上
  • 温度 20℃~30℃
  • 栄養 ホコリ・垢など

マスクをすると湿度と温度が急上昇。

ホコリや垢などの汚れも付着しているので菌にとっての栄養も十分です。

菌が繁殖することで、マスク内が嫌なにおいになってしまうケースも少なくありません。

蒸れずらい夏用マスクや殺菌効果のあるハッカスプレーの作り方については下記の記事で紹介しています。

>>マスクをすると「暑い、息苦しい。」夏用マスクで熱中症対策を!

>>【2020最新】夏マスクを快適にするハッカスプレーの作り方

唾液のにおい

唾液は無色透明・無味無臭ですが、臭くなってしまうこともあります。

唾液が臭くなるのは菌が原因!

菌といっても、虫歯や歯周病が原因だったり口内の乾燥が原因だったりと原因は様々。

例えば乾燥が原因の場合は、嫌気性菌という菌の働きが活発になり口が臭くなります。

口の中にはたくさんの菌がいるので、口内の状態によってはにおいが発生してしまうのです。

MEGU
MEGU
マスクが臭くなる原因は、口臭・マスク自体のにおい・菌が繁殖したにおい・唾液のにおいのどれか。

 

口臭には種類がある!

口臭には種類がある!

口臭と一口に言っても、その原因は様々です。

口臭の種類は、生理的口臭・一時的な口臭・病的な口臭があります。

口臭の種類
  • 生理的口臭
  • 一時的な口臭
  • 病的な口臭

それぞれの口臭の違いを解説していきます。

生理的口臭

生理的口臭は、日常的な口臭のこと。

朝起きてすぐだったり、お腹が空いた時は口の中が乾燥してパサパサになり口臭が気になりませんか?

口の中が乾燥すると、嫌気性菌という菌の働きが活発になりにおいが発生します。

他にも生理的口臭として挙げられるのは女性特有の口臭

女性はホルモンの変化が起こると、唾液の分泌量が変わるからです。

唾液の分泌が減るタイミング
  • 生理前
  • 生理中
  • 妊娠中
MEGU
MEGU
まさに生理的ですね……。

生理的口臭は、唾液の分泌量が減ることで起こる口臭なのです。

一時的な口臭

一時的な口臭は、食べ物や飲み物などが原因で一時的ににおう口臭のこと。

にんにくを食べた後の口臭がこれにあたります。

口臭の原因になる食べ物や飲み物は、以下を参考にしてください。

においが強いもの
食べ物にんにく、ネギ、チーズ
飲み物コーヒー、アルコール、牛乳
嗜好品タバコ

あくまでも一時的な口臭なので、時間が経つとにおいはしなくなります。

病的な口臭

病的な口臭は、何かしらの病気が原因でにおう口臭のこと。

病気といってもその原因は様々。

ざっくりと分類すると3つの原因があります。

病気が原因の口臭
  • 口内の病気
  • 鼻・喉の病気
  • 胃・腸などの臓器の病気

口臭の原因として一番多いのは、虫歯や歯周病などの口内の病気です。

歯垢や歯石、舌苔などに含まれる菌が原因になっているケースも

口臭は、どこが悪いのかでにおいが変わります。

参考までに、ケースごとにまとめてみました。

口臭の種類
におい原因
血のにおい歯周病
アンモニア肝臓・腎臓
オナラのにおい消化器系
ドブのにおい舌苔
卵の腐ったにおい
甘酸っぱいにおい糖尿病

こちらは、あくまで目安ですが病的な口臭は放っておくと悪化することも考えられます。

気になったら早めに医療機関を受診しましょう。

 

マスクのにおいを予防する方法

マスクのにおいを予防する方法

マスクのにおいを予防する方法を解説していきます。

それは、ズバリ殺菌です!

マスクが臭くなってしまう原因の多くは、口臭・唾液など口内の菌が影響しているからです。

つまり口内の菌を効果的に殺菌できれば、口臭がなくなるということです。

効果的な殺菌方法とは?

口内の菌を効果的に殺菌するためには、とにかく口内を清潔にすることが大事です。

口内を清潔にするためには、日ごろからオーラルケアをすることにつきます。

効果的なオーラルケアはこんな感じです。

オーラルケアの方法

  1. 歯磨き
  2. マウスウォッシュ
  3. フロス・歯間ブラシ
  4. スプレー
  5. ガム・タブレット

詳しく説明していきます。

歯磨き

歯磨きはオーラルケアの基本。

朝・昼・晩、食後は歯磨きを忘れずに。

歯垢は24時間くらい経つと歯石になって落としにくくなってしまいます。

歯垢が歯石になる前に落とすことが大事です。

MEGU
MEGU
力を入れすぎずに、優しくブラッシングするのがポイントです。

また歯ブラシにも菌が付着するので、歯ブラシを清潔にしておきましょう。

下記の記事では、歯ブラシの除菌について詳しく紹介しています。

>>歯ブラシには細菌がいっぱい?除菌のやり方や交換時期とは?


マウスウォッシュ

マウスウォッシュには、歯磨き前・歯磨き後に使用するタイプがあります。

マウスウォッシュには殺菌効果があるので、日常的に使うことで口内の菌をおさえることができますよ。

刺激が苦手という方には、低刺激タイプがおすすめです。

マウスウォッシュの種類や使い方については、下記の記事で紹介しています。

>>リステリンの使い方は口臭予防だけじゃない!?意外な活用方法


フロス・歯間ブラシ

フロスや歯間ブラシは、歯磨きでは落としきれない汚れを効果的に取りのぞくことができます。

しっかり歯磨きしていても、フロスをすると歯垢がたくさん

歯医者でも、フロスを使うことを推奨しています。

糸状のタイプはコツがいるので初心者の方は、Y字タイプが使いやすくておすすめです。

スプレー

スプレーは、持ち運びがしやすいので外出先でも口臭をおさえることができます。

食後に歯磨きができない時や、乾燥で口内が乾いてしまった時などにシュッとスプレーすれば口臭が気にならなくなります

>>口臭対策で話題の【薬用オーラルクリスター・ゼロ】

ガム・タブレット

ガムやタブレットは、一時的に口臭をおさえてくれる効果があります。

さらにキシリトール配合のガムには、唾液の分泌を増やす効果が。

唾液が増えると口臭をおさえるだけではなく、虫歯の予防にもつながります。

歯磨きができない時は、ガムやスプレーを活用しましょう。

MEGU
MEGU
どのケアも簡単にできますが、やりすぎると口臭が悪化してしまうこともあるのでほどほどに。

 

まとめ

記事のまとめ

マスクをした時に気になる口臭の原因と対策をご紹介しました。

口臭をおさえることで、マスクをしても1日中快適に過ごすことができます。

口臭対策としておすすめの方法を振り返っていきましょう。

口臭対策
  1. 歯磨き
  2. マウスウォッシュ
  3. フロス・歯間ブラシ
  4. スプレー
  5. ガム・タブレット

どれも取り入れやすいものばかりです。

他にもにおいの強い食事を避けるなど、日頃のちょっとした工夫で口臭は改善することができます。

ぜひ試してみてくださいね。