マスクをすると「暑い、息苦しい。」夏用マスクで熱中症対策を!

悩む大人女子

夏のマスクって暑いし蒸れるし息苦しい。
通気性の良いマスクがしたい。

このようなお悩みを解決します。

そろそろ暑くなってきたので、マスクをすると暑くて息苦しいなんて方も多いのではないでしょうか。

これからの季節は、マスク熱中症にも注意が必要です。

今回の記事では、夏用マスクで快適に夏を過ごすための秘訣マスク熱中症の予防方法をご紹介します。

この記事の内容
  • 夏用マスクの選び方
  • 夏マスクを快適にする方法
  • マスク熱中症の予防方法

「マスクがべちょべちょになってしまう」という方やマスクをしていると気分が悪くなってしまうという方は記事を読むことで解決策が見つかるかもしれません。

目次

マスクの「暑い、息苦しい。」を快適にする夏用マスクの選び方

マスクをしている女性

新型コロナウイルスの影響で、マスクが手放せないこの頃。

冬はあまり感じなかったマスクの息苦しさも、暑くなると本当に辛いですよね。

MEGU

そんな時は、無理せず夏用マスクに頼りましょう。

不織布フィルターが入っているマスクなら飛沫対策としても◎。

夏用マスクを選ぶポイントは、こちら。

夏用マスクを選ぶポイント
  • 冷感素材
  • 通気性が良い
  • 速乾性がある

この条件を満たしていれば、暑くても息苦しさや不快感から解放されます。

それぞれ解説していきますね。

冷感素材

冷感素材は、夏用のTシャツなどでおなじみの素材。

触るとひんやりと冷たいのが特徴

MEGU

UNIQLOのエアリズムやGUドライなんかが有名ですね。

冷感素材の特徴がこちら。

冷感素材の特徴
  • 繊維の中に水分を含んでいる 汗の吸収を良くする効果
  • 熱伝導率・熱拡散率が高い 熱を逃す効果
  • 触った時に硬く感じる 冷たく感じる効果

このような特徴があるので、暑くても息苦しさが半減します。

通気性が良い

マスクが息苦しかったり、暑く感じてしまう原因の大半は通気性の悪さ。

つまり、通気性が良いマスク=快適なマスクと言っても過言ではありません。

顔に張りついたり、厚手なマスクは息苦しくなりますよね。

MEGU

形が立体的で、薄手な素材のものがおすすめです。

速乾性がある

マスクの中は、息や汗で湿気が多くなりがち。

マスクの中に湿気がこもると、細菌が繁殖してイヤなニオイの原因にも。

速乾性があるマスクをすれば、ジメジメしずらいのでとっても快適ですよ。

MEGU

夏用マスクを選ぶポイントは、冷感素材・通気性が良い・速乾性があること。

マスクの「暑い、息苦しい。」を快適にする夏用マスク5選

緑をバックにたたずむ黒マスクの女性

ここからは、快適ポイント『冷感素材・通気性が良い・速乾性』をおさえた夏用マスクをご紹介します。

今回ご紹介するマスクは5種類。

それでは、さっそくチェックしていきましょう。

飛沫対策としてマスクを使用する場合
  • 不織布フィルターが入ったマスクを選ぶ
  • 不織布フィルターを入れて使用する

冷感マスク

冷感素材・通気性が良い・速乾性だけではなく、UVカット効果も。

カラーバリエーションは6色、サイズもS~Lまで豊富です。

呼吸をしてもペコペコしないので、息苦しさもありません。

パンツマスク

こちらのマスクは、パンツ屋さんが作ったパンツ生地のマスク

パンツ生地なので、素材が柔らかくて通気性が抜群です。

洗濯しても乾きやすいので、長時間装着していてもジメジメした不快感がありません。

カラーバリエーションは6色ありますが、女性に嬉しい肌なじみしやすいカラー展開が特徴。

MEGU

新色のピンクは、くすみカラーがとってもカワイイですよ。

リネンマスク

夏の素材といえば、リネン(麻)素材。

使えば使うほど、素材が柔らかくなるのもリネンマスクの特徴です。

通気性が良いのはもちろんですが、見た目も涼し気だしオシャレですよね。

MEGU

こちらのリネンマスクは、なんと14色展開。
好きな色が絶対見つかります。

平ゴムを使っているので耳が痛くなりずらいのも嬉しいポイント。

メッシュマスク

三層メッシュのダブルラッセル素材を使ったメッシュマスクです。

MEGU

その使用感は、つけていることを忘れるほど。

ジムに通っている方、運動をする方なんかにもおすすめです。

カラーバリエーションは、なんと17色。

蛍光カラーからパステルカラーまで幅広く取り扱っていますよ。

布マスク

ウイルス飛沫をカットするフィルター入りの布マスク。

肌が弱い方でもつけることができます。

裏地は、吸水性の良いメッシュタイプさらさらしたガーゼタイプから選ぶことができます。

ノーズワイヤーが入っているので、顔にしっかりフィット。

MEGU

夏用マスクといっても、種類がたくさんありますよね。

最近では、マスクをしている時間の方が長いのでストレスなくつけられるものを選ぶことが大事です。

番外編:手持ちのマスクにマスクスプレーをする

手持ちのマスクで少しでも快適に過ごすための裏技をご紹介します。

MEGU

ハッカ油を使ったマスクスプレーです。

買うとちょっと高いマスクスプレーも、ハッカ油があれば簡単に手作りできちゃうんです。

ということで、ハッカスプレーの作り方を解説していきますね。

まずは用意するものから。

用意するもの
  • ハッカ油 5滴~10滴
  • 精製水 45ml
  • 無水エタノール 小さじ1
  • ガラス製の容器
MEGU

精製水やエタノールがなくても作ることができます。

こちらの記事で、精製水やエタノールなしでの作り方やアロマオイルをブレンドしたハッカスプレーの作り方を紹介しています。

容器に材料を入れて、よーく振って混ぜ合わせれば完成です。

材料さえあれば、意外と簡単に作れちゃいます。

MEGU

ハッカの清涼感で体感温度が下がって、マスクの息苦しさも軽減されますよ。

マスク熱中症を予防するために必要なこと

白いマスクをしてかがむ(しゃがみこむ)お団子の女性

気温が上がってきた今注意したいのが、マスク熱中症

いくら夏用マスクをしていても、気温が30℃を超えると息苦しさや熱中症のリスクは高まります

MEGU

特に高齢者や小さな子供は要注意。

そこで、マスク熱中症にならないための5つのポイントをご紹介します。

5つの予防方法
  1. できるだけ涼しくする
  2. 適度にマスクを外す
  3. 水分補給をする
  4. 体調管理をする
  5. 適度な運動をする

それぞれ、解説していきますね。

できるだけ涼しくする

熱中症は外だけではなく、室内でも起こります。

ニュースなんかでも、自宅熱中症というワードを耳にしますよね。

室内で過ごす時は、エアコンや扇風機で室温を調節しましょう。

MEGU

コロナ対策の換気も忘れずに行いましょう。

服も、できるだけ熱がこもりずらい涼しい素材のものを選びましょう。

適度にマスクを外す

炎天下でマスクをする場合は、適度にマスクを外して熱を逃がしましょう

屋外である程度人との距離がある場合、マスクを外しても問題ありません。

気温・湿度が高い状態で長時間マスクをすると、熱中症のリスクが上がってしまいます。

MEGU

ソーシャルディスタンスが保たれている場合は、適度にマスクを外して休憩しましょう。

水分補給をする

マスクをしていると、つい水分補給を忘れがち。

理想は「喉が渇いた」と思う前に水分補給をしておくことです。

最低でも1日1ℓは水を飲むようにしましょう。

MEGU

水を飲むのは、熱中症だけじゃなく美容にも良いので一石二鳥ですね。

汗をたくさんかいたら、塩分の補給も忘れずに。

こんな感じのタブレットを持ち歩けば、いつでも塩分が摂れるので便利ですよ。

体調管理をする

体調管理も熱中症対策のひとつ。

普段から、栄養のある食事や睡眠時間をたっぷりとって免疫アップをしておきましょう。

少しでも体調が悪いと思ったら、無理せずゆっくり体を休めることも大切です。

適度な運動をする

MEGU

熱中症対策には、暑さに負けないカラダ作りも忘れてはいけません。

運動をする時は、以下のポイントをおさえて行いましょう。

少し暑いと感じる場所で、少しキツイと感じる運動をする

例えば、軽いウォーキングやyoutubeを見ながら筋トレ・ダンスとかでもOK

何から始めればいいかわからないという方は、オンラインフィットネスがおすすめです。

無料体験なんかもありますよ。

運動をする時は、こまめな水分補給をお忘れなく。

まとめ

今回は、マスクの「暑い、息苦しい。」を解決する方法とマスク熱中症対策についてお話していきました。

記事の内容を振り返っていきましょう。

まずは、夏用マスクを選ぶポイントから。

夏用マスクを選ぶポイント
  • 冷感素材
  • 通気性が良い
  • 速乾性がある

この条件に近ければ近いほど、マスクの息苦しさが軽減します。

飛沫フィルターが入っていない場合は、不織布フィルターがあると便利です。

そして、マスク熱中症を予防するポイントです。

マスク熱中症対策
  • 涼しい室内・服装を心掛ける
  • たまにはマスクを外して休憩する
  • 喉が渇く前に水分補給を!
  • 体調管理や適度な運動をする

マスクをしていると、ついつい水分補給を忘れがち。

夏場はこまめに、水分補給しましょう。

ポイントを押さえて、快適なマスク生活を送りましょう。

MEGU

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる