モテる香水の付け方!思わず振りかえるいい香りの女性になる秘訣

悩む大人女子

香水ってつい付けすぎてしまいがち。
フワッと香るようなモテる香水の付け方が知りたいなー。

今回の記事では、このようなお悩みを解決します。

自分自身が香りを楽しむために買った香水。

どうせ楽しむなら周囲の人にも「いい香り」と思われたいですよね。

今回の記事のテーマは、モテる香水の付け方について解説していきます。

この記事の内容
  • 香水の種類別の適量
  • モテる香水の付け方
  • 香水をフワッと香らせる方法
  • 色んな香水をお得に試す方法

記事を読むことで、モテる香水の付け方がわかります。

香水の付け方をマスターして、思わず振り返ってしまうような女性を目指しましょう!

目次

香水の種類

香水の種類

香水は、濃度によって香りの強さや持続時間が変わります

まずは香水の種類から解説していきます。

香水の種類

種類濃度持続時間
パルファム15~30%7時間
オード・パルファム10~15%5時間
オード・トワレ5~10%3時間
オーデ・コロン2~5%1時間

香水の種類によって、このような違いがあります。

香りが強い香水を付けすぎてしまうと、周りの方に不快感を与えてしまうことに。

MEGU

香水種類によって付け方や量を調節するのがポイントです。

香水の種類ごとの適量

続いて、香水の種類ごとの適量について解説していきますね。

香水ごとの適量は、こちらを参考にしてください。

香水の種類ごとの適量

種類適量
パルファム1滴
オードパルファム1プッシュ~2プッシュ
オードトワレ2プッシュ~4プッシュ
オーデコロン2プッシュ~4プッシュ

香りが強い香水は少量、逆に弱いものは多めに付けるのがポイント。

「もうちょっと付けたい」と思うくらいの量が、周囲の方にはちょうどいいと感じる量です。

MEGU

ちょっと足りないかな…くらいで留めるのおすすめ。

香水を付けすぎてしまった場合

コットンにアルコールを付けて付き取ると香りが抑えられます

もし付けすぎてしまっても、アルコールで拭き取ればキレイさっぱり

モテる香水の付け方

モテる香水の付け方

それでは、ここからは本題の『モテる香水の付け方』について解説していきます。

今回のテーマ

思わず振り返ってしまういい香りのする女性

モテるの定義には個人差があると思いますが、今回は『思わず振り返ってしまういい香りのする女性』をテーマにお話していきたいと思います。

モテる香水の付け方のポイントはこちら。

モテる香水の付け方
  • モテる香水の選び方
  • 香水を付けるタイミング
  • 香水を付けるときの注意点
  • 香水を付ける場所

それぞれ、解説していきます。

モテる香水の選び方

『思わず振り返ってしまういい香りのする女性』になるために、最も重要なのは香り選びです。

香りによって、周りの人が持つあなたのイメージはガラリと変わります。

ここで選ぶ香りを間違えると、モテとはほど遠い結果になってしまう可能性も。

MEGU

まずは、男性が好きな香りについてリサーチ!

調べてみると、男性が好きな香りは大きく分けて4パターンに分かれていることがわかりました。

男性が好きな女性の香り

男性が好きな女性の香り
石けんの香り
50%
フローラル
25%
柑橘系の香り
15%
ムスク
10%

圧倒的なのが石けんの香り

MEGU

たしかに「石けんの香りが嫌い」という男性に出会ったことがありません。

次点でフローラル・柑橘系・ムスクが人気です。

香水を付けるタイミング

次に、香水を付けるタイミングについてです。

香水を付けるタイミングを調節すれば『思わず振り返ってしまういい香りのする女性』への近道に。

MEGU

香水を付けてから、こんな感じで香りが変化していきます。

香りの変化

トップノート5分~10分
ミドルノート30分~1時間
ラストノート3時間以上

香水の主役は、ミドルノート

香水を付けるタイミングは、ミドルノートに合わせましょう。

待ち合わせの30分前くらいに香水を付けると、ちょうどミドルノートが香りはじめてくれます。

香りのピークには香水ごとに差があるので、お気に入りの香水が1番いい香りに変化するタイミングを調べておくといいかもしれません。

香水を付ける時の注意点

香水を、手首につけて擦り合わせて首につけるていませんか。

MEGU

実は、手首でスリスリはダメな付け方なんです!

香水は擦ってしまうと摩擦で香りが壊れてしまうので、トップノートからぶち壊しになってしまいます。

香水を付けるときは、優しくトントン付けましょう

その他に注意したいことがこちら。

香水を付けるときの注意点
  • 香水は擦らずトントンする
  • 体を清潔にしておく
  • 肌に直接つける

香水と汗が混ざり合うと、不快な香りになってしまうので体は清潔にしておくのことが大事です。

MEGU

香水は肌に直接つけると、体温の変化で香りの過程が楽しめますよ。

洋服などの布製品に香水をつけてしまうと、シミになってしまうことがあるので肌に直接付けるようにしましょう。

香水を付ける場所

最後に、香水を付ける場所についてお話していきますね。

MEGU

香水は、温度が高いほど揮発して香り安い特徴が。

香水を付けるときは、以下のポイントを押さえて付けるのがおすすめです。

香水を付けるポイント
  • 太い血管が通っている場所
  • 体温が高い場所

この条件を押さえたおすすめの場所がこちら。

香水を付けるおすすめの場所
  • 耳の裏
  • ひじ
  • 手首
  • お腹
  • 内もも
  • 膝の裏
  • 足首
MEGU

他にも髪の毛なんかも、おすすめ。

風が吹いて髪がなびくと、フワッと香水が香ります。

香水を付けてはダメな場所

逆に、香水を付けてはいけない場所をご紹介します。

香水を付けてはダメな場所
  • 頭皮
  • 耳たぶ
  • デコルテ
  • 脇の下
  • 足の裏

汗をかきやすい場所は、香水を付けるのに適していません。

MEGU

髪はOKですが、頭皮はNGなので注意しましょう。

また顔に近い場所は、香りに酔いやすいので避けた方が無難です。

【応用編】フワッと香る香水の付け方

【応用編】フワッと香る香水の付け方

香水は付ける場所や、付け方によって印象が大きく変わります。

付けたを理解すれば『思わず振り返ってしまういい香りのする女性』に近づくことも。

香水を付ける場所と香りの感じ方をまとめたものがこちら。

香りの感じ方

香水を付ける場所香りの感じ方 
耳の裏★★★★★
ひじ★★★★☆
手首★★★★☆
腰・おなか★★★★☆
内もも★★★☆☆
膝の裏★★☆☆☆
足首★☆☆☆☆

香りが強い★ ⇔ 香りが弱い☆

このように、付ける場所によって香りの感じ方が大きく変わります

MEGU

フワッと香らせたい場合に、特におすすめなのは腰・内ももです。

内ももは、体温が高まって1日中香りが続くと香水マニアの間でも人気の高い場所なのだそう。

勝負のタイミングには、内ももに香水を仕込んで!

場所ごとの香水の付け方

香水を付ける場所ごとのおすすめの付け方をご紹介します。

香水の付け方

香水を付ける場所付け方
耳の裏指先に香水を付けてからなじませる
ひじひじの内側にスプレーする
手首直接スプレーする
腰・おなか・内もも・膝の裏少し離してスプレーする
足首くるぶしの後ろにつける

とにかく付けすぎないのがポイントです。

最初は少しだけ付けて、足りない場合に少しだけ付け足すようにしましょう

おすすめの香水

男性に人気の高い、石鹸の香り・フローラ・柑橘の香り・ムスク

紹介する香水は、こちらの4つ

MEGU

香り別のおすすめの香水をご紹介します。

香り別のおすすめ香水
  1. 石けんの香り Shiro サボン
  2. ムスク AUX PARADIS オードパルファム サボン
  3. 柑橘系 CHANEL チャンス オー フレッシュ
  4. フローラル Dior ミス ディオール ブルーミング ブーケ

順番に紹介していきますね。

石けんの香り

Shiro サボン

ムスク

AUX PARADIS オードパルファム サボン

柑橘系

CHANE チャンス オー フレッシュ

フローラル

Dior ミスディオール ブルーミング ブーケ

MEGU

男性によって香りの好みが分かれるので、事前にリサーチしたり香水を変えて反応をチェックしてみてくださいね。

モテる香水をサブスクでお試し!?

モテる香水をサブスクでお試し!?

「香水を新しく買いたいけど高い」「いくつか気になる香水がある」そんな方には、香水をサブスクでお試しできるCOLORIAがおすすめ。

サブスク=定額で利用できるサービス

香水は、モノによっては1つ1万円以上してしまう場合もありますよね。

COLORIAは、約500種類以上の高級ブランド香水から好きな香水を月額1,980円からお届けしてくれるサービス。

COROLIAのサービス
  • 香水の種類が豊富でお気に入りに出会える
  • 月々1,980円から香水がお試しできる
  • 持ち運びに便利な専用アトマイザーでお届け
  • 香りコンシェルジュが相談に乗ってくれる
MEGU

基本は毎月お届けだけど、スキップもできます。

「まだ香水が余っている」なんて場合は、スキップもできるので香水の減り具合に合わせてお届けしてくれますよ。

まとめ

モテる香水の付け方についてご紹介しました。

香水の付け方ひとつで、印象が大きく変わることがわかりましたね。

それでは、記事の内容を振りえっていきましょう。

記事のまとめ
  • 香水は種類ごとに適量が違う
  • 万人ウケするのは石けんの香り
  • トップノートを意識して香水を付ける
  • 香水は擦らずトントン
  • 汗をかきやすい場所は避けて付ける
  • 香水マニアは内ももに香水を付ける

記事の内容を参考に香水を付ければ思わず振り返ってしまういい香りのする女性になれること間違いなし。

香水を付けすぎてしまうとすべて台無しになってしまうので、くれぐれも付ける量や場所にはご注意ください

ポイントをおさえて香水を楽しみましょう。

香水を購入しようか悩んでいるという方は、COLORIAを活用してお得に香水を試してみてくださいね。

MEGU

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる