電気毛布のおすすめはニトリ?敷きタイプやタイマー付きが便利

めぐ
めぐ
今年もあと少しすると寒い季節がやってきます。

寒い季節を乗り切るために毎年様々なグッズが販売されていますね。

今回はその中でも人気の電気毛布をご紹介します。

今年初めて電気毛布を買う方向けにおすすめの電気毛布のご紹介と、すでに電気毛布をお持ちの方向けに電気毛布の洗濯の方法をご紹介します。

その他にも電気毛布の使い方気になる電気代電気毛布の危険性など、電気毛布をこれから買う方電気毛布をすでにお持ちの方知っておいて損のない情報をお届けします!

電気毛布とは?

めぐ
めぐ
電気毛布を使ったことがない方のためにも、まずは電気毛布について簡単にご説明します。

電気毛布は、普通の毛布と違って電気を通して温まることのできる機能的な毛布です

毛布というだけあって寝具暖房器具2つの顔を持っています。

寒い季節は、スイッチ1つですぐに温まり暖をとることができるので寒い地域では必需品です。

電気毛布の使い方

電気毛布は、普通の毛布とは違い掛けるのではなく敷いて使うことが多いです。

敷布団やマットレスの上に敷き、その上に寝るといったイメージです。

下から発生する熱を、掛け布団で蓋をすることによって体の芯までポカポカに温まります。

電気毛布の使い方

  1. 寝る30分くらい前に電源をON
  2. 布団に入ったら電源をOFF

この使い方をおすすめするのには、ちゃんと理由があります。

その理由はこの後ご紹介していきます。

電気毛布を使うときの注意点

電気毛布は体を温めるのに効果的ですが、温めたまま眠ってしまうと低温火傷や体の温度調整ができなくなるなどの悪影響があるので注意が必要なのです。

めぐ
めぐ
電気毛布をつけたままにしてしまうことで起こるデメリットをご紹介します!

電気毛布のデメリット

  • 体温調節ができなくなってしまう
  • 脱水症状
  • 免疫の低下
  • 眠りが浅くなる

電気毛布をつけたままにしてしまうと電気代余計にかかってしまうといったデメリットもあります。

とっても便利な電気毛布ですが、使い方には注意が必要なのです。

使い方を守れば悪影響はありませんので、正しい使い方を守りましょう。

めぐ
めぐ
電気毛布をつけたままで寝てしまうという方は、タイマー付きの電気毛布を選ぶのがおすすめです!

電気毛布から電磁波がでるって本当!?

電気毛布について調べていて少し気になったのが電磁波でした。

「電磁波=なんとなく体に悪そう」そんなイメージがありませんか?

本当に大丈夫なのか心配だったのでしっかり調べました。

電磁波とは?

電気が流れるときに発生する「電気」と「磁気」の波のこと

旦那
旦那
ふーん、そうなんだ。

スマホとかも電磁波が出てるよね。

めぐ
めぐ
そうだね!

色々な家電から電磁波が発生しているよ。

電磁波が発生する家電

電子レンジ、テレビ、冷蔵庫、パソコン、ドライヤー、エアコン、こたつ、掃除機など

ほんの一例ですがけっこう身近な家電からも電磁波が出ていることがわかります。

電気毛布の電磁波は、他の家電よりも多いようですが基本的には体の害になることはないようです。

ただし、長時間電気毛布を使うのはデメリットが大きいので避けた方が無難だと思います。

電気毛布の長時間使用は避けましょう

電磁波カット

電気毛布の電磁波は、長時間の使用を避ければ問題ないものの「なんとなく気になる…。」という方もいらっしゃいますよね。

最近では、電磁波カットを施された電気毛布も登場していますのでご安心ください。

電磁波が気になる方は、電磁波カットされた電気毛布を購入するのがおすすめです。

向きが違う2本の電流を通し、それぞれの電磁波同士を打ち消すことで電磁波の発生を抑えてくれるという仕組みのようです。

電気毛布の電気代

めぐ
めぐ
電気毛布でもう1つ気になるのが電気代です!

エアコンやストーブやこたつなど冬の寒さを助けてくれる家電はたくさんありますが、どれも電気代が高くつきそうなイメージはありませんか?

実際に他の暖房器具と比べてどうなのかを調査しました。

1時間使用した場合の電気代の比較

電気毛布(40W) 1.08円
ホットカーペット(480W) 12.96円
電気ストーブ(750W) 20.25円
旦那
旦那
電気毛布の電気代って思ったより安いんだね!

つけたままにさえしなければ問題ないということがわかりました。

これで寒い時期は心置きなく電気毛布が使えますね!

電気毛布のおすすめはニトリ?

電気毛布ってたくさん種類がありますが、みなさんが買うときの決め手は何ですか?

デザインや機能性など人それぞれ違うと思います。

でも「せっかく買うなら失敗がないようにしたい!」というのは、みなさん共通だと思います。

めぐ
めぐ
そこで、おさえておきたいポイントをご紹介します♪

電気毛布を買うときにおさえておきたいポイント

  • シンプルなデザイン 無地などで飽きがこないものだと長く使えます
  • 洗濯ができる 寝具なので清潔に保ちたいですよね
  • 肌触りがいい 肌に触れることが多いので重視したいポイントのひとつ

長く使うことを考えるとおさえたいポイントとしては、こんなところでしょうか。

ネットでもたくさんの電気毛布が売っていますが、私がおすすめしたいのはニトリの電気毛布です。

ニトリは家具でも「お、値段以上。」のキャッチコピーで人気ですが電気毛布も人気が高いのです。

ネット限定のものを入れると3種類から選ぶことができます。

めぐ
めぐ
それぞれの特徴も合わせてご紹介します!

①電気式毛布(ネット限定品)

それぞれの比較

商品番号 7582855 7582857 7582856
価格 2,490円 7,990円 3,990円
ボーダー ブラウン アイボリー
サイズ  幅130×奥行80×高さ1.5cm 幅188×奥行130×高さ3cm 幅130×奥行80×高さ2cm
素材 ポリエステル・アクリル ポリエステル・レーヨン ポリエステル・レーヨン
ダニ撃退
手洗いOK
掛け敷き兼用 × ×
室温センサー × ×
Nウォーム ×
電気代が安い ×
店舗で購入OK × ×

大きさや機能でお値段が大きく変わるようです。

めぐ
めぐ
個人的にはNウォームでお値段が比較的安かった③の商品が欲しくなりました。 

どこを重視するかで選ぶタイプも大きく変わると思いますので、ぜひお気に入りの1枚を選んでみてくださいね!

毛布や敷きパッドはなんとなく想像できましたが、抱き枕まであるなんて知りませんでした。

さすがニトリさんアイデア力が素晴らしいですね。

電気毛布の洗濯方法

電気毛布の洗い方ってご存知ですか?

いくらダニを防ぐといっても電気毛布は、寝具なので定期的に洗いたいですよね。

そこで、電気毛布の洗い方も調べてみました。

まずお持ちの電気毛布が洗えるのかを洗濯表示を見てチェックしましょう。

洗濯表示

洗ってOK 洗うのはNG

参考:RELIVERS

基本的に×印がついていなければ洗っても大丈夫ですが、手洗いと書かれた表示のものは洗濯機ではなく手洗いをしましょう。

さきほどご紹介したニトリのものもそうでしたが、電気毛布の大半は手洗いOKというものが多いです。

めぐ
めぐ
今回は手洗いの手順をご紹介します!

用意するもの

  • たらい
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤
めぐ
めぐ
たらいがない方は、洗面台で洗うのがおすすめです。

洗い方の手順

  1. コントローラー部分を外す
  2. ぬるま湯に中性洗剤を入れる
  3. 電気毛布をたらいに入る大きさにたたむ
  4. 何度も押し洗いをして汚れを浮かせる
  5. 水を入れ替えながら、洗剤が落ちるまですすぐ
  6. 仕上げに柔軟剤を入れてすすぐ
  7. 風通しのいい場所で自然乾燥する

電気毛布は絞るときにねじってしまうと故障の原因になることもあります。

脱水機にかけることもできないようですので、乾燥するには時間がかかります。

寒い日に洗ってしまうと電気毛布が使えず困ることも考えられますので、暖かい日に洗うことをおすすめします。

まとめ

電気毛布についてあれこれご紹介してみましたが、参考になりましたでしょうか。

私の電気毛布は、去年旦那さんがプレゼントしてくれたものです。

今年も使えそうですが洗濯をしていなかったことに気が付きました。

寒くなる前に手洗いをしておこうと思います。

さて今回の記事の内容を振り返っていきましょう!

  • 寝る30分くらい前にスイッチをON
  • 布団に入ったらスイッチをOFF
  • つけたまま寝てしまうと体に良くない
  • 電磁波が気になる方は電磁波カットの電気毛布を選ぶと良い
  • 電気毛布をつけたままにしなければ電気代は安い
  • ニトリの電気毛布で特におすすめなのはNウォーム
  • 電気毛布は洗濯表示を確認してから洗いましょう
  • 電気毛布はねじらず押し洗いを中心に

電気毛布でこれからやってくる寒い冬を乗り切りましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。