ライフスタイル

電気毛布のおすすめはニトリ?敷きタイプやタイマー付きが便利

悩んでいる人
悩んでいる人
  • ニトリの電気毛布ってどうなの?
  • 電気毛布って体に悪いの?
  • 電気毛布は洗濯はできるの?

このような疑問を解決します。

寒い季節を乗り切るために、毎年様々なグッズが販売されています。

めぐ
めぐ
今回はその中でも、毎年人気の電気毛布をご紹介します。
記事の内容
  • ニトリの電気毛布について
  • 電気毛布の安全な使い方
  • 電気毛布の安全性
  • 電気毛布の電気代
  • 電気毛布の洗濯方法

このようなラインナップでご紹介していきます。

今年初めて電気毛布を買う方はもちろん、すでに電気毛布をお持ちの方も必見の情報満載でお届けします!

まずは、人気のニトリの電気毛布についてチェックしていきましょう。

 

電気毛布のおすすめはニトリ?

たくさんの種類がある電気毛布

あなたが、電気毛布を買うときの決め手は何ですか?

デザイン機能性など人それぞれ違うと思います。

でも「せっかく買うなら失敗がないようにしたい!」というのは、みなさん共通だと思います。

めぐ
めぐ
おさえておきたいポイントを紹介します。

電気毛布を買うときにおさえておきたいポイント

  • シンプルなデザイン 無地などで飽きがこないものだと長く使えます
  • 洗濯ができる 寝具なので清潔に保ちたいですよね
  • 肌触りがいい 肌に触れることが多いので重視したいポイントのひとつ

長く使うことを考えると、おさえたいポイントはこんなところでしょうか。

ネットでもたくさんの電気毛布が売っていますが、私がおすすめしたいのはニトリの電気毛布です。

ニトリの家具は「お、値段以上。」のキャッチコピーで人気ですが、実は電気毛布も人気が高いのです。

ネット限定のものを入れると3種類から選ぶことができます。

めぐ
めぐ
それぞれの特徴も合わせてご紹介します。

①電気式毛布(ネット限定品)

それぞれの比較

商品番号758285575828577582856
価格2,490円7,990円3,990円
ボーダーブラウンアイボリー
サイズ 幅130×奥行80×高さ1.5cm幅188×奥行130×高さ3cm幅130×奥行80×高さ2cm
素材ポリエステル・アクリルポリエステル・レーヨンポリエステル・レーヨン
ダニ撃退
手洗いOK
掛け敷き兼用××
室温センサー××
Nウォーム×
電気代が安い×
店舗で購入OK××
めぐ
めぐ
個人的には、大き目サイズがいいのでちょっと高いですが②の商品がおすすめです。

どこを重視するかで選ぶタイプも変わると思いますので、ぜひお気に入りの1枚を選んでみてください。

毛布や敷きパッドはなんとなく想像できましたが、抱き枕まであるなんて知りませんでした。

さすがニトリさん! アイデア力が素晴らしいですね。

 

そもそも電気毛布って?

めぐ
めぐ
電気毛布を使ったことがない方のためにも、まずは電気毛布について簡単にご説明します。

電気毛布は、普通の毛布と違って電気を通して温まることのできる機能的な毛布

寝具暖房器具2WAYで使用できます。

寒い季節は、スイッチ1つですぐに温まり暖をとることができるので寒い地域では必需品です。

電気毛布の正しい使い方

電気毛布は、普通の毛布とは違い掛けるのではなく敷いて使うことが多いです。

敷布団やマットレスの上に敷き、その上に寝るといったイメージです。

下から発生する熱を、掛け布団で蓋をすることによって体の芯までポカポカに温まります。

電気毛布の使い方

  1. 寝る30分くらい前に電源をON
  2. 布団に入ったら電源をOFF

この使い方をおすすめするのには、ちゃんと理由があります。

その理由はこの後ご紹介していきます。

電気毛布を使うときの注意点とデメリット

電気毛布は体を温めるのに効果的ですが、温めたまま眠ってしまうと低温火傷や体の温度調整ができなくなるなどの悪影響があるので注意が必要なのです。

めぐ
めぐ
電気毛布をつけっぱなしにしてしまうことで、起こるデメリットがあります。

主なデメリットは以下の通りです。

電気毛布のデメリット
  • 体温調節ができなくなってしまう
  • 脱水症状
  • 免疫の低下
  • 眠りが浅くなる

あくまでもつけっぱなしにした場合なので、布団が温まるまで使うくらいなら平気です。

免疫が下がると風邪や病気になってしまうこともあります。

電気毛布をつけたままにしてしまうと、電気代が上がるといったデメリットもあります。

寒い冬には手放せない電気毛布ですが、使い方には注意が必要です。

正しい使い方を心がけましょう。

めぐ
めぐ
電気毛布をつけっぱなしで寝落ちしてしまうという方は、タイマー付きの電気毛布を選ぶのがおすすめです。

電気毛布から電磁波がでるって本当!?

電気毛布について調べていて少し気になったのが電磁波でした。

「電磁波=なんとなく体に悪そう」そんなイメージがありませんか?

本当に体に悪いのかを調べてみました。

まずは電磁波について説明します。

電磁波とは?

電気が流れるときに発生する「電気」と「磁気」の波のこと

電磁波は、電気毛布だけではなくスマートフォンや家電製品からも出ています。

電磁波が出ている主な家電は以下の通りです。

電磁波が発生する家電

電子レンジ、テレビ、冷蔵庫、パソコン、ドライヤー、エアコン、こたつ、掃除機など

ほんの一例ですが、意外と身近な家電からも電磁波が出ていることがわかります。

電気毛布の電磁波は、他の家電より多いですが正しい使い方をしている分には体の害になることはありません。

ただし、長時間電気毛布を使うのは免疫を下げてしまったりと体に悪影響があるので避けましょう。

電気毛布の長時間使用は避けましょう

電磁波カット

電気毛布の電磁波は、長時間の使用を避ければ問題ないものの「やっぱり電磁波が気になってしまう」という方もいらっしゃると思います。

めぐ
めぐ
でもご安心ください。

最近では、電磁波カットを施された電気毛布も登場しています。

電磁波が気になる方は、電磁波カットされた電気毛布を購入するのがおすすめです。

向きが違う2本の電流を通し、それぞれの電磁波を打ち消して電磁波が発生するのを抑える仕組みになっています。

 

電気毛布の電気代

悩んでいる人
悩んでいる人
電気毛布って電気代が高くなりそう。

エアコンストーブこたつなど冬の家電はたくさんありますが、どれも電気代が高いというイメージがありませんか?

実際に他の冬の家電と比べて電気代が高いのかを調査してみました。

1時間使用した場合の電気代の比較
電気毛布(40W)1.08円
ホットカーペット(480W)12.96円
電気ストーブ(750W)20.25円

電気毛布を1時間使用しても約2円です。

電気ストーブに比べるとかなり安いことがわかりました。

つまり、つけっぱなしにさえしなければ問題がないということです。

めぐ
めぐ
これで、心置きなく電気毛布が使えます。

 

電気毛布の洗濯方法

悩んでいる人
悩んでいる人
電気毛布ってどうやって洗濯すればいいの?

ネットでもこのような疑問を持った方が、たくさんいらっしゃいました。

めぐ
めぐ
洗濯OKと書いてある電気毛布は、洗濯することができます。

電気毛布も寝具なので、定期的に洗いたいですよね。

そこで、電気毛布の洗濯方法も調べてみました。

まずお持ちの電気毛布が洗えるのかを洗濯表示を見てチェックしましょう。

洗濯表示

洗ってOK洗うのはNG

基本的に×印がついていなければ洗っても大丈夫です。

ただし、手洗いと書かれた表示のものは洗濯機ではなく手洗いをしましょう。

さきほどご紹介したニトリの電気毛布もそうでしたが、大半は手洗いOKというものが多いです。

めぐ
めぐ
手洗いの場合の手順をご紹介します。

用意するもの

  • たらい
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤
めぐ
めぐ
たらいがない方は、洗面台で洗うのが良いと思います。

洗い方の手順

  1. コントローラー部分を外す
  2. ぬるま湯に中性洗剤を入れる
  3. 電気毛布をたらいに入る大きさにたたむ
  4. 何度も押し洗いをして汚れを浮かせる
  5. 水を入れ替えながら、洗剤が落ちるまですすぐ
  6. 仕上げに柔軟剤を入れてすすぐ
  7. 風通しのいい場所で自然乾燥する

電気毛布は、絞るときにねじってしまうと故障の原因になることがあります。

脱水機にかけることもできないので、しっかり乾燥するには少し時間がかかります。

寒い日に洗ってしまうと、電気毛布がなかなか乾かないなんてことになるので、できれば気温が高く天気の良い日に洗うことをおすすめします。

 

まとめ

今回は電気毛布についてご紹介しました。

電気毛布をこれから買う方は、ぜひ参考にしてみてください。

私はすでに電気毛布を持っていますが、洗濯をしていなかったので寒くなる前に洗濯しておこうと思います。

それでは、記事の内容を振り返っていきましょう。

  • 電気毛布は、寝る30分くらい前にスイッチをON
  • 布団に入ったらスイッチをOFF
  • つけたまま寝てしまうと体に良くない
  • 電気毛布の電気代は意外と安い
  • 電気毛布は洗濯表示を確認してから洗いましょう
  • 電気毛布はねじらず押し洗いを中心に
  • できれば天気の良い日に洗いましょう

電気毛布を活用して、これからやってくる寒い冬を乗り切りましょう。

めぐ
めぐ
最後までご覧いただきありがとうございました。