山谷堀公園 静かな憩いの場 | 大江戸探訪 山谷堀をめぐる

山谷堀公園 静かな憩いの場 | 大江戸探訪 山谷堀をめぐる


より大きな地図で 山谷堀をめぐる を表示

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

注目情報 >> ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー

山谷堀公園

山谷堀は東京都の下水道局ポンプ場の辺りから隅田川へと注ぐ約700mの長さにおよぶもので、音無川を源として飛鳥山の北側、王子権現の下を経て堀へと通じていました。ここが掘られたのは、遊里吉原との関係からみても江戸初期に出来たものと推察されるようです。

当時は、この堀は吉原への通路のひとつと利用され、ここを通り吉原へ遊びに行く「吉原通い」を「山谷通い」とも呼んでいたようです。猪牙船(ちょきぶね)を仕立てての遊興は贅沢なもので、まさに「おだいじん遊び」だったそうです。

マンホールの蓋

堀には9つの橋(今戸橋、聖天橋、吉野橋、正法寺橋、山谷堀橋、紙洗橋、地方新橋、地方橋、日本堤橋)が架けられていましたが、堀の埋め立てにともない全て取り除かれ橋台のみが残されるだけとなりました。その堀の上が今はきれいに整備され、両側には桜も植えられ、山谷堀公園として憩いの場として生まれ変わっています。

公園の所々にこのようなマンホールの蓋が見受けられます。この下に堀が確かにあったことをうかがわせます。

山谷堀公園案内板

公園入り口(今戸橋跡前)には、このような大きな案内板があり、山谷堀の説明が書かれています。

余談になりますが、「冷やかす」という言葉の語源は、この山谷堀辺りからきています。「浅草紙」、今でいう再生紙のことです。江戸の頃にも再生紙はありましたが、墨や髪の毛、ゴミなどが混じったとても質の悪い紙でした。その作り方は屑紙を煮てドロドロにしてから冷やして漉くものでした。このドロドロに煮た再生紙の原料が冷えるまでの間「冷やかす」に時間がかり、職人はその間の暇つぶしに近くの吉原に行き、お金を使って遊ぶでも無く、ただブラブラと女性たちをからかいながらあちこちのぞき歩いたことから派生した言葉だといわれています。

山谷堀公園(さんやぼりこおうえん)

▲ この画面の上へ