日本橋 ここから始まります | 大江戸探訪 日本橋をめぐる

日本橋 ここから始まります | 大江戸探訪 日本橋をめぐる

五街道の起点です
江戸繁栄の象徴でもありました
今は高速道路の下ですが
その風格に変わりはありません

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

注目情報 >> ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー

日本橋

日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康が幕府を開いた慶長8年(1603年)と伝えられています。幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として、ここは江戸経済の中心となっていました。

今の日本橋の上には首都高速道路が走り、その隙間からしか空を見ることができませんが、時代を経た今でもその風格には変わりはありません。

日本橋

日本橋記念碑

橋のたもとには記念碑が建っており、日本橋の歴史が色々と刻まれております。

日本橋の中央には日本国道元標(写真は日本橋の横に置かれた複製)も置かれており、ここが日本の道の起点であることを改め実感させます・・・と言いたいのですが、現行の道路法では、特段の規定はなく、道路の起終点は道路元標と無関係に定められているこから、今ではこれも過去の遺物でしかないのかも。
日本国道元標複製

獅子

最初は木橋が架けられましたが、火災などにより架け替えられること19回を経て、明治44年3月に現在の石橋になりました。その日本橋を飾る青銅の照明灯装飾品は見事なもので、獅子は東京の守護を表しています。また、麒麟の装飾は東京の繁栄を表したものです。

日本橋(にほんはし)

▲ この画面の上へ