長命寺 桜もち 山本や 桜の香りが鼻をくすぐります | 大江戸探訪 墨東・向島をめぐる

長命寺 桜もち 山本や 桜の香りが鼻をくすぐります | 大江戸探訪 墨東・向島をめぐる

桜の香りが鼻をくすぐります
創業300年近く歴史を感じます
長命寺のご利益があるかも?
隅田堤の桜と共に愛されています

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

注目情報 >> ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー

長命寺 桜もち

塩漬けされた桜葉のいい香りが鼻をくすぐります。

長命寺の桜もちは2,3の桜葉で包まれています。一枚二枚と葉っぱを剥がしていくと、白い薄皮に包まれた桜もちが顔を出します。この皮もとってもシンプルで、桜葉と中の餡子の邪魔せず、全体をまとめる引き立て役に仕上がっています。

桜葉に包まれて皮はしっとりでもちっとして柔らかく、ほのかに塩味が移っていい塩梅。中のこし餡の甘さをグッと引き立ています。これなら2,3個はペロリといけそうです。

さて、この桜もちの桜葉を食べるかどうするか?お店の方に尋ねてみると、「お客さんのお好みで」ということです。私は桜葉の香りと塩味が好きで、食べることが多いのですが…。さすがに桜もちひとつで3枚を食べるのは多いかな(^^;

長命寺 桜もち 山本や 店舗外観

「山本や」さんの創業は享保2年(1717年)、300年近い歴史があります。全国和菓子協会のHPの中の「長命寺 桜もち 山本や」のページには、次のようにその由来が紹介されています。

享保2年(1717年)初代山本新六が隅田川土手の桜の葉を集め、塩漬けにして桜餅を考案、向島の名跡長命寺の門前にて売り始めてそれから二百八十年余、隅田堤の桜と共に名物となった。

ここ墨堤沿いには何件かの和菓子屋さんがありますが、「山本や」さんと「言問団子」さんが人気を二分すると思います。お腹に余裕があるならば、はしごしてみるのもいいと思います。

長命寺 桜もち 山本や(ちょうめいじ さくらもち やまもとや)

▲ この画面の上へ