隅田公園 水戸藩下屋敷跡 | 大江戸探訪 墨東・向島をめぐる

隅田公園 水戸藩下屋敷跡 | 大江戸探訪 墨東・向島をめぐる

元は水戸藩の下屋敷
今は人々の憩いの場
春には隅田川沿いに咲く見事な桜
隅田川から吹く風も心地よい

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

注目情報 >> ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー

隅田公園 水戸藩下屋敷跡

隅田川に沿って吾妻橋の辺りから白髭橋の手前辺りまで続く大きな公園です。

吾妻橋近くにある公園内の庭園は水戸徳川邸の遺構を利用して造られています。

明治維新後は一時上げ地となりましたが、その後水戸徳川家当主が関東大震災で家が全壊するまでここに住んでいたそうです。震災後、墨田公園の区域に取り込まれ、日本庭園へ姿を変えて、人々の憩いの場となっています。

隅田公園 水戸藩下屋敷跡

園内は大きな木々が茂り、緑がとても豊かな公園となっています。

春になるとこの辺りから隅田川に沿って1kmにもおよぶ桜並木に見事なピンク色の花が咲きます。ここは8代将軍・徳川吉宗が民衆にも花見ができるようにと開放した場所でもあり、当時から花見の時期には江戸の人々で賑わったそうです。

隅田公園 水戸藩下屋敷跡(すみだこうえん みとはんしもやしきあと)

▲ この画面の上へ